低炭素住宅ってどんな家?
低炭素住宅のメリット・デメリットは何ですか?
低炭素住宅の認定基準とはどんなものですか?

低炭素住宅とは

まずはじめになぜこのような制度が始まったのでしょうか・・・
東日本大震災をきっかけに国民のエネルギー利用や地球温暖化問題に対する意識が高まり、
低炭素・循環型社会の実現に向け、「都市の低炭素化の促進に関する法律」
2012年12月4日に施行されました。 これに基づいてスタートしたのが『低炭素住宅』の認定制度です。

低炭素住宅とは、厳密に言うと、
「二酸化炭素(CO2)の排出の抑制に資する建物であって、認定を受けた低炭素建築物新築等計画に基づき新築、増築、改築、修繕、模様替、もしくは空気調和設備その他建築設備の設置、改修が行われ、または行われたものをいう。」(法第2条第3項)ということなのですが、
簡単に言うと『二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えた建築物』のことです。

地球温暖化につながるCO2の排出量は、交通機関や工場などで削減が進んでいるのに対して、
住宅分野ではまだまだ遅れているのが実情なので、建築物レベルで、CO2の排出を抑制し、
地球環境の改善を図ろうというものです。


低炭素住宅のメリット・デメリット

【メリット】
一番のメリットは住宅ローンなどの「税金が安くなる」ことです。
住宅ローンの控除対象 借入限度額が引き上げになるのです。
一般住宅では10年間200万円なのに対して、2013年中に低炭素住宅を建てて住み始めると
10年間最大で300万円となります。

※所得税から引ききれない場合は、所得税の総所得金額の5%か9万7500円のいずれか少ない額が上限となります。登録免許税も引き下げになり、一般住宅なら0.15%の所有権保存登記が0.1%、移転登記も0.3%が0.1%になるのです。



また、『フラット35S(金利Aプラン)』の対象にもなっており、
通常のフラット35の適用金利から当初10年間0.3%の引き下げの優遇が受けられ、
借入条件によっては総返済額で100万円前後もお得になるのです。



※返済金額の値は、フラット35のウェブサイトに掲載の数値を引用しています。
フラット35Sについて詳しくは、フラット35のウェブサイト http://www.flat35.com/ をご参照ください。

【デメリット】
低炭素住宅にもデメリットがあります。
低炭素住宅を建てるためには認定を受ける必要があります。
認定を受けるためには建物の仕様を認定基準に合わせる必要があるため、その分のコストがかかってしまいます。
また、申請手続きの費用や設備維持保全のため、ランニングコストもかかります。

低炭素住宅を建てる場合は以上のメリット・デメリットを留意する必要があります。


低炭素住宅の認定基準

低炭素住宅の認定を受けるためには、Ⅰ.技術的基準《必須項目(定量的評価項目)+選択項目》
及びⅡ.基本方針等の基準に適合する必要があります。

Ⅰ.技術的基準(評価機関による事前審査が可能な基準)「法第54条台1項台号」
○必須項目(定量的評価項目)
・省エネ法の省エネ基準と同等以上の断熱性能を確保すること。
・省エネ法の改正省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量がマイナス10%になること。

例えば・・・ 断熱窓・サッシと断熱材でマイナス10%にする。
また、太陽光発電パネルなどを設置し、さらに一次エネルギー消費量を減らす。


○選択項目
・低炭素化を資する措置を行う。(①〜⑧から2つ以上選択)

例えば・・・ ①節水トイレと③HEMSを選択


Ⅱ.基本方針等の基準「法第54条第1項第2号」
・計画内容が基本方針に照らして適切であること。
・資金計画が計画を確実に遂行するために適切であること。


以下のサイトにさらに詳しい情報がありますので参考にしてください。
国土交通省HP
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000065.html


低炭素住宅に関する疑問や不明な点がございましたら、

コンセプト
〒239-0831 神奈川県横須賀市久里浜1−5−16第10臼井ビル4階
TEL:046-833-5963
FAX:046-833-5973