住まいを
守る
その1
鉄筋コンクリート造
耐圧盤一体型ベタ基礎

全ては基礎構造から。地震や湿気などの対策も万全です。

地盤の強弱にバラツキがあると、従来の基礎工法では基礎にかかる建物の加重バランスが崩れ、建物が傾き、ゆがみが生じて安全性を失いかねません。
当社は建物を点ではなく面で支える基礎工法を用いています。「鉄筋コンクリート造耐圧盤一体型ベタ基礎」を採用、地盤を均等に保ち、永く安心して暮らしていける住まいを実現しています。

鉄筋コンクリート造耐圧盤一体型ベタ基礎

鉄筋コンクリート造耐圧盤一体型ベタ基礎
(1)土台の湿潤をおさえ、腐朽菌の発生を防ぎ、建物の足元を守ります。
(2)床下換気口を必要としないため、基礎の耐久力向上に役立ちます。
(3)基礎天端仕上げ時のレベル差は± 0.5mm以内として建物の加重を平均化させます。

※当社は地盤調査を必ず行い、調査結果に基づき地盤補強工事を行います。(有償)

耐震骨太構造体(根太レス剛性床24mm)

床の下地材として厚さ24mmの構造用合板を採用しています。これにより床合板と土台が一体化し、水平面の高い強度が得られます。品確法での床倍率は3倍であり、耐震性の優れた剛床(水平方向に変形することのない床)となります。
耐震骨太構造体



住まいを
守る
その2

フレームシステム

木造軸組工法の最大のウィークポイントを解決しました。

従来の木造仕口・継ぎ手を金物接合に置き換えた画期的な工法です。
木造建築物の良さを活かしながら、高い耐震性・快適な住空間・環境保護を実現しました。

フレームシステム

従来の「約1.5倍」の接合部強度
柱と針を接合するドリフトピンを1本増やしたことで、小型ながら従来どおりの高耐力を確保します。[図1]のように柱と梁の接合部に繰り返し加重を加える実験でも、HSZ金物と同等、在来工法と比較すると約1.5倍もの耐力があることが証明されました。さらに、地震時の揺れや、複合応力に対する安全性についても実験済みです。
接合部強度



安全性と信頼性
シンプルな施工方法は、信頼性が高く、素早い建て方を実現します。無理の内施工により、後高低に良い影響を与えます。経年変化で木材がやせても、横架材がずれ落ちにくい構造になっています。
床鳴りやキシミ音などのクレームが減りました。
安全性と信頼性



住まいを
守る
その3

SSダンパー(エヴォルツ)

地震の衝撃を1/2に軽減

過酷なモータースポーツで培われた性能と耐久性で建物の揺れを大幅に抑え、大切な住まいをしっかり守ります。
SSダンパー(エヴォルツ)
設計耐用
年数70年

高い耐久性
20年の
製品保証付
■建物の揺れを大幅に抑え、倒壊から守る
■繰り返す余震にも制振性能を持続
■−20℃〜80℃の使用温度領域
■高い耐久性20年の製品保証付
■設計耐用年数70年



オイルの力と独自の技術で、制振性能を飛躍的に高めます

住宅の制振(制振システム)を高める「SSダンパー」は、地震発生時、小さく僅かな揺れから瞬間的に揺れを吸収し始め、建物に加わる衝撃(加速度)を小さくし、揺れ幅を抑える制振(制振システム)装置。耐震工法と組み合わせることにより、大切な住まいを地震から守ります。
地震の衝撃を和らげ、揺れを大幅に抑える。地震発生の瞬間から振動を抑える。
オイルの力と独自の技術で、制振性能を飛躍的に高めます
地震の衝撃を和らげ、揺れを大幅に抑える。地震発生の瞬間から振動を抑える。
1/200rad ・・・プラスターボードの耐力が下がり始める
1/120rad・・・構造用合板の耐力が下がり始める
1/90rad・・・筋交いを破損する危険性がある
1/30rad・・・倒壊の危険性がある

コンセプト
〒239-0831 神奈川県横須賀市久里浜1−5−16第10臼井ビル4階
TEL:046-833-5963
FAX:046-833-5973

トップへ